住めば都、好きこそものの上手なれ。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ゴルフプロの悲劇


昔、深夜、TVショッピングの受付電話のバイトをしていた時の話。
TVメディアという番組で、運動器具、ダイエット商品、カー用品、 
釣り具、ゴルフ用品etc、を扱っていたのですが。 

ある晩「ゴルフプロ」というクリームの 応対をしていました。
ボールを打つヘッドの部分に塗るだけで、
球がまっすぐ飛び、飛距離が延びる、 おとぎ話のような商品です。 

テレビに電話番号が表示されたとたん深夜にもかかわらず
電話がリンリンリン、ジャジャジャのジャン! 
それはまさしく、ゴルフが上手くなりたい 「おじさま達の悲鳴」 。

「で、ほんとにまっすぐ飛ぶの?」 「距離はのびるん?」

 私は心を鬼にして一呼吸置いてから
「はい、実は私もゴルフをするので使いましたが…30ヤードは延びましたね」
と、30ヤードの長さも知らずに答えました。 

それにしても、苦情、返品の多い商品でした。
ルアー男
しつこく深夜のテレビショッピング続編。

深夜ということもあって 奇妙な人によく遭遇しました。 
ルアー商品「マジックルアー」の応対時のこと。 
(それにしても、安易なネーミングが多い。)

本格的な小魚型。「魚が最も好みとする光り」を発する
マジックボールが仕込まれていて、それを針先に装着すると、
魚が嘘みたいに釣れるらしいです。 ほんとに嘘なんでしょうけど。 

ある電話にこんな人がいました。
開口一番、専門的なルアー用語を 連呼するのです。 
その人はどうやら、自分の豊富な知識を 伝えたいだけのようで、 
注文の気配はありません。 

彼の話も半ば頃、私は丁寧に 
「御注文でないようですので 電話を切らせて頂きます」
と電話を切りました。 

運悪くその日その電話を5回も拾ってしまいました。 
さすがに5回め、ウンザリしながら即座に 
「あのー、先程の方ですよね?」と尋ねると 
「…なんだ、また君かっ。ガッチャン(切る)」 
私は生まれて初めて、かなり真剣に 
「それはこっちの台詞じゃっ!」 と思いました。
天声人語講座
小学生の頃。天声人語講座を 無理矢理受けさせられていました。 講師は父です。 内容は簡単。 切り抜かれた「天声人語」を読んでからそのまま全文書き写し、さらに要約(50文字以内)を 原稿用紙に書いて提出。 それだけ。 だけど、的が外れていたら突き返され、 何度も訂正。 その厳しさは 先輩に何度も投げられる朝稽古のごとく。 今思えばなんでそんなこと、 させられていたのか不思議ですが、 兄も姉も同じように講座を受けていたので、 「そんなもんかなぁ」と 従っていました。 ちなみに我が家は超理系一家。 (あっ、母はラテン系) ほんと、見えない意図です。
コマンドZの想い
生活していると様々な失敗をしてしまいます。 そんな時、思わず、「コマンドZ」を普通に 思い浮かべてしまう竹安です。  (例)   お味噌汁をお椀に入れようとして   手元が狂い、ぶちまけこぼす。 そういう時、自然と左手の親指と人さし指が 「コマンドZ」して 「無かった事」にしてしまいそうになりつつ、 「あっ、パソコン(illustrator)じゃないから やり直されへんのや!」 と、我に帰るのです。 実生活で「コマンドZ」ができたとしたら… 便利なようで、でもとても恐ろしい気がします。
お母さんといっしょ

と言うNHKの幼児番組はあまりにも有名。 かく言う私もヘビーユーザーでした。 しかし、ふと、あの曲が頭で流れ出したら もう止まりません。軽く困っています。 「て、て、ててってっ手、  て〜ててててててててってっ手」 「あし、足、あしあしあしあしあしあっし」 「てーあし手足手足手足…×7位…  徹底的ーに てっ・あっ・しー」   (このあとにスローなナンバーが続く。    動物をモチーフにした内容。) これは、お母さんといっしょの中でも かなり軸なコーナーで歌われる歌です。 お兄さんと一緒に子供達が 歌い、踊り狂うのです。 てわけで、今私の頭の中を この歌が駆け巡ってるんです。助けて下さい。 徹底的に、手足…。