住めば都、好きこそものの上手なれ。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 女のコ | main | 再開 >>
「食わず嫌い」がない、なりに…
喰わず嫌い

食わず嫌い王決定戦、やってみたいって思う人 結構いると思う。
そして私は、やったことがある。 
確か8年前で22歳だったような気がする。 
友達(男子)と電話してて『アレ、やりたいよな〜?』って 
話から始まり、本当にやってみることにした。 

お互い、一人づつ厳選し、梅田の「やぐら茶屋」にて集合。 
私は『鶏肉の皮が大っ嫌い』というバイト先で仲の良かったの女の子 
彼は『納豆なんて見た瞬間吐きそうになる』という
大学の同じゼミの男の子、を引っさげた。 

ちなみに言い出しっぺである我らが『とんねるず(ホスト)』側 に、
まわったのはお互い『嫌いな食べ物が無かった』 からだ。 
『嫌いなものを平静を装って食べる』演技をしたいのに 
嫌いなものが無いというのは哀しいというか。 二人して
「平静を装う演技、したいもんやよなぁ…」
なんてぼやいてたのを覚えている。 

勝負では、メニューから4品づつ、計8品を注文し交互に
食べてもらった。 でも残念ながら、両者「嫌いなものを平静を装って食べる」
という技を 持っていなかった。
思いつきもしなかったようだ。好きなものをとても美味しそうに食べ
嫌いなものに対しては不快な表情を浮かべたあげくおしぼりを口にあて
『絶対、無理…』とまで言った。 泉谷しげる、じゃあるまいし…。 

ホストである我らはとてもがっかりした。私はキチンと、
プチ色紙と筆ペンまで用意していたのだけど 
もうどうでも良くなってしまった。そうしてその『食わず嫌い王決定戦』は
小さなコンパで終わってしまった。 

嫌いな食べ物があって、演技したいそんな方、
是非おっしゃってください。場は、整えますから。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://hechimon.jugem.jp/trackback/26
TRACKBACK